flier 音声

flier(フライヤー)の音声サービスがめちゃ使えて便利!トップ画像

guide image1

こんにちは!元図書館司書のニシカワです。

 

flier(フライヤー)はビジネス書を中心とした要約サービスで、1冊10分ほどで読めるのが売りです。

 

ただ、実は音声がめちゃ使えるのをご存知ですか?

 

スマホさえあればいつでもどこでも時短インプットができますし、音声だとスキマ時間を有効活用できて、とっても便利なんです。

 

flier(フライヤー)は音声が最高!

flier(フライヤー)の使い方(Android版)は↓のページを参照してくださいね。本の探し方などを解説しています。

 

音声設定について

本を音声で聴く前に、「設定」についてちょっとだけ解説します。

 

設定画面」はflierロゴの左側の「三」(3本線)をタップすると左側から別画面が出てきます。

 

そこの「設定」をタップすると下に項目が表示されますので、「音声再生の設定」をタップします。

「設定」画面キャプチャー

「音声再生設定」画面キャプチャー

上の画面で「再生順」と「読了要約の再生」が選べます。

 

再生順」はお好みで良いかと思います。「読了要約の再生」はオフでいいかと思いますが、蔵書を全て読み切ってしまった後はオンにした方が良いでしょう。

 

音声再生画面について

「音声再生」画面キャプチャー

※画面は「黒」設定を選んでいます

読みたい本の画面に来たら、「音声再生(ヘッドホンのマーク)」をタップします。そうすると再生が始まります。

 

操作については、右下の「」ボタンをタップしますと、↑の画面のように操作ボタンが出てきます。

 

一番上の「連続再生の設定」は上記で説明済みなので省きます。

 

上から2番目はBGM設定です。BGMは無音を合わせて7種類あります。私は無音が多いですが、散歩の時などは音楽を流すこともあります。

 

その下は速さの設定です。1〜2倍速まで4段階から選べます。

 

その下の2つは15秒スキップです。聞き逃した時など、ちょっと戻ったりできるので便利です。

 

一番下は再生時間の表示です。右が再生時間で、左は残り時間です。

 

再生時間は15分〜20分くらいですが、音声なので、画面にとらわれることなく「ながら作業」ができます

 

運転中や食事中、掃除中などスキマ時間を活用すれば、忙しいビジネスパーソンでもライフスタイルを変えることなく時短インプットが実現可能です。

 

音声再生の注意点について

音声を使っていると、たまに不具合に出会います。

Google playより★1画像

※Google Play Storeより引用

 

↑のエラーは、私の場合、1つの要約を聴き終え、次の再生に移る時に出たことがあります。

 

自分で選んだ本を再生したいのに、自動再生の本が優先されて再生が始まる感じです。

 

これで、何度か「キャンセル→再生」を繰り返した事はありますが、↑のように「一向に再生できない」ということはなかったです。

 

あくまで予測ですが、これは、通信状態が悪い時に出てくる事が多いので、タイムラグの問題かな?と思います。

 

↑の潟tライヤーの回答にあるように、高速化作業が済めば解消されるでしょう。

 

いずれにしても、5Gの環境であれば、自然解消する問題かもしれません(5G対応スマホが必要ですが)。

 

flier(フライヤー)音声再生まとめ

 

私は主に音声で聴いています。通勤中の車や食事、家事の時間など、これまで音楽を聴いていた部分をflierの音声に変えただけなので、生活環境は変えていません

 

わざわざ読書時間を確保しなくても、音声インプットのおかげで知識量は圧倒的に増えました

 

耳だけでは記憶に残らないと思うかもしれませんが、何回か聞くと結構頭に入りますよ。スキマ時間に聴いてるだけなので、何度聞いても負担には感じません。

 

キャンペーン中なら7日間無料などの特典が付きますので、一度使ってみることをオススメします。きっと良さが分かると思います。


 

flier(フライヤー)知識