flier 無料

ぶっちゃけ使える?flier(フライヤー)の無料プランって意味あるの?トップ画像

guide image1

こんにちは!元図書館司書のニシカワです。

 

flier(フライヤー)は最新のビジネス書を要約で読めたり、聴くことができるサービスです。

 

現在、会員数は75万人を突破し、目標であった100万人規模の実現も現実味を帯びてきました。

 

そんなflierには有料プランと無料プランがあるのですが、会員の9割以上が有料プランだそうです。

 

いろいろなサービスが無料で使える昨今、

  • 利用者の大多数が有料プランである理由は?
  • 有料プランが多数を占める中で、無料プランの存在意義はあるのか?

ゴールドプラン会員の筆者ニシカワが独自の目線で解説を試みたいと思います。

 

無料プランは使える?

結論から先に言ってしまいますが、正直

無料プランは使えません!

なぜなら、たった20冊しか読めないからです。

 

20冊というと、一見多そうですが、flierで読むのは要約本です。

 

10分×20冊=200分(3時間20分)で読み終えることができます。

 

実際、私も最初は無料プラン登録でしたが、20冊をたった2日で読み切ってしまいました…

 

でも、無料プランの場合、次の月に、2冊入れ替わりますので、20冊を読み返しながら耐えました(3回目にはさすがに飽きてしまいましたが…)。

 

何より辛かったのが、待っている間、毎日追加される最新ビジネス本を指をくわえて見ることしかできなかった事です。

 

それに、次の月になっても、2400冊を超える蔵書の中で、読みたい本が入れ替わってくれるとは限りませんし、替わるのはたった2冊なんです。

 

2冊なんて20分もあれば読み終えられます。これでは、読めないストレスの方が強くて、登録している意味無いです。

 

有料プランは使える?

有料プランはもちろん使えます!

が、注意点があります。

 

実は有料プランにはシルバープランゴールドプランの2種類あるんです。ただし、

使えるのはゴールドプランだけです!

詳しくはこちら↓を参照してください。

案内人ニシカワまとめ

以上、ゴールドプランが大多数になる理由は分かってもらえたでしょうか?

 

筆者もflierの罠にまんまと引っ掛かってしまい、半月もせずにゴールドプランに変更してしまいました。

 

でも、読めない!というストレスから解放されて、毎日要約を読む(聴く)ことができて、結果としては大満足です。

 

有料プランでもキャンペーン中なら7日間無料です。一度体感してみてはいかがしょうか?

 

 

flier(フライヤー)知識